僕の母ちゃんについて【母ちゃん】【福岡】【愛犬】【花】【針仕事】

こんばんは。

暑い日が続きますね。まだ7月。世間では子供達が夏休みに突入したなんて聞くくらいですから、まだまだ夏は続きます。暑いのが苦手な僕は、ちょっとゲンナリしちゃいます(笑)

僕の母ちゃんについて

今日はちょっと、自分の母ちゃんを紹介したいと思ってブログを書いています。なんで紹介したいかというと、実は僕の母ちゃんはスゴイってことを皆さんに知って欲しいと思いまして。親父が死んでもう10年以上になり、実家では下の妹と犬の「市之丞(名前)」と生活し、日々庭の花の手入れと縫い物をしつつ、スマホを弄っております。正確な年齢は忘れちゃいましたけど既に60オーバーです。世間的には「スマホなんて若いもんの扱うもんじゃて」的な言い訳をして遠ざける高齢者もいるなか、僕の安否確認で始めたはずのフェイスブックではいつの間にかコミュニティに加わって友達作ったり、人知れずインスタのアカウントを取得し庭の花の写真を投稿したりしています。

ちなみに、母ちゃんのフェイスブックと母ちゃんのインスタです(笑)ちょっと覗いてみてください。

基本的に新しいこととか無頓着で、どちらかというと積極性はあまりない人。と思ってたんですけどね!なんなの!と、福岡から遠く離れた東京の空の下、母ちゃんの投稿を眺めるのであります。

相棒は市之丞

親父が死んでからなんだかんだ寂しかったそうで、一目惚れして飼い始めたジャックラッセルテリアの市之丞。気がつけば10年選手です。嬉ションは治らない模様(笑)一緒に寝たりするそうで、良い相棒です。

花が好き

フェイスブックもインスタも見ていただければわかりますが、とにかく花が中心の投稿です。フェイスブックのコミュニティも花を楽しむ人達のコミュニティ。家の庭は草木で溢れかえり、市之丞が散歩もしちゃう空間を作り出しております。

少しづつ少しづつ庭を作り上げています。親父はそこらへん興味なかったようなので、昔は仕事道具とそれを仕舞う倉庫街みたいになってました。良い庭になったね。

針仕事が好き

僕からすると、縫い物が好きとか「ちょっとよくわかんない」んですけど、なにかあると身の回りのものをパッチワークとかで作っちゃいます。こないだボロになったスリッパをパッチワークで生き返らせてたし。

マジで「すげぇな、母ちゃん」と思ったことがあります。それは、僕の長男の端午の節句のお祝いに、手縫いの鯉のぼりのタペストリー(?)を贈ってくれたこと。鯉が空を泳ぐ様がよくわかり、なんだか心が和むすごくいい作品だなぁ〜って感じたんです。そのとき長男はわからなくても、大人になって見直した時に喜ぶんじゃないかな。なんて。

他にも色々作ってて、たまに僕の服を仕立て直して贈ってくれたり、パッチワークでシャツやバッグを作ったり。錬金術師かよ。左下の鯉口シャツは、今日届きました。他にも編み物でカーディガンも編んでくれたり。写真どこにやったかなぁ〜。

そういえば、こういう針仕事は僕が子供の頃からやってたなぁ。ジーパンのお尻の部分だけ使って手提げ作ったり。僕、それ結構気に入ってたんですよ。誰も持ってないし、ジーパン生地ってのがなんかカッコよくて。

僕の兄貴なんかは母ちゃんの作ったこういうの、あんま興味ないみたいで。妹はどうなんだか知りません(笑)僕は好んで着たり使ったりするから、なにかあると「いる?」ってメッセージが飛んで来ます。ありがとう。愛用しております!

あと、これね!クロスステッチって言うらしいんですけど、緻密にドット柄がスゴイでしょ。昨年帰省したときリビングに飾ってあるのを見て、驚きましたもんね。なんかわかんない絵を飾ってあるより、母ちゃんの好きなものが飾られてるリビングって素敵やん?花に興味がない僕でも、ジーッと見入っちゃいますもん。

そんな母ちゃんと

僕のできることで、お仕事にできないかなぁって考えてます。お金儲けっていうよりは、僕の母ちゃんをもっと誰かに知ってほしいなぁって。母ちゃんがスゴイことを知ってほしいなぁって。で、僕がもらう母ちゃんの愛情を、誰かと共有したいなぁって。みんなどうだかわかんないけど、そういう人の手が感じられるものって、嬉しいじゃないですか。

いつでも手にとって見ることができて、いつでも持ち歩くことができるもの。手にして見る度に、作り手の顔が見えるようなもの。そんなアイテムを出していきますね。

まだ準備が整ってないですが、近日中にお見せします。どうか一度、手にとって母ちゃんの作品を楽しんでほしいです。