ビジネスマッチング交流会【展示会】

こんばんは。

冷房かけ過ぎて車外に出た細川氏のメガネが曇って荷下ろしができませんでしたデオドルE浦です。

どんだけ暑がりなんだ。

ビジネスマッチング交流会’18

今日は昭和信金と興産信金共催の、ビジネスマッチング交流会について書いてみます。誰かのお役に立てるかわかりませんが、一つのケースとして参考になれば。

この展示会の趣旨

「つながる、魅力。未来へハッシン」をテーマに、ビジネスマッチングを通して参加企業の「魅力」を発信し、連携していくことで、今後の事業の発展にお役立ていただければと考えております。

マッチングガイドブックより抜粋

一般向けの展示会と違うのは、主催者である信金が企業間を取り持ってくれることにあります。それぞれの企業の特徴を知っている信金が積極的にマッチングしてくれるので、先方と話がしやすく具体的な話に入りやすいのかなと感じます。ビッグサイトでやるような大規模なものとは違い、他企業とより近い関係でお話ができる雰囲気があるように思います。ビッグサイトでやったことないけども。

タイトルにもあるように、「交流会」なんだと実感しました。

前回より、もっとスムーズに

そういう雰囲気も助けになって、参加企業へのアプローチも気軽さが感じられました。自社製品との親和性を確認したり、思わぬ共通点の多い企業を発見してかなり前向きなお話ができたりと、とても有意義な展示会になったように思います。

昨年も同展示会に参加したんですが、今回のような雰囲気や話の運びができたように思えず、どうやってお話をしようかと考えていました。まずは信金の担当者がマッチングの機会を作ってくれますが、それ以外の時間は完全にフリータイムとなるからです。積極的に行動しないと、1日が無駄になる。まずは会場を見て回り、気になる企業へは一歩踏み出して声を掛けることにしました。

わかんないなら、まず動いてみるのが早いですね(笑)結果として、相手さんが身構えることもなくスムーズにお話ができました。お互い何処でやり取りができるのかコミュニケーションを取りながら探すので、当初こちらが推していたことと違うものの良い方向性に話が流れたりと、話もせずスルーするのは勿体無いなと感じました。

自社ブースでは

自己評価ですが、周囲のブースが地味だったことでかなり目立っていたように思います。座って商談することが前提の他企業は机を空けてましたが、ウチはガツガツアピール。とにかく目を引くことには成功したように思います。座らせるのも大事ですが、座らせるってけっこう大変なので、気軽に話しやすい立ち話で良かったように感じました。

そして、コーオプのご案内を通して商品説明できたのも良かったです。企業イメージをキチンと伝えることができたり、そんな取り組みに皆さん興味を持っていただけました。残念ながら「ロードクロサイト」を売り切ることはできませんでしたが、出展者ではない来場者に買っていただいたのは嬉しかったです。

個人的に嬉しかったこと

個人的なことですが、中学からの友達がSNSを通じて遊びに来てくれたことが嬉しかったなぁ!ほんと、何年ぶり?社会人になって会ったことあったっけ?ってくらい久しぶりなのにわざわざ来てくれたことに、心の底から感謝しました。

同窓会じゃなくて、展示会で会うってことに因縁めいたものも感じましたけど(笑)バカな話で笑ってた友達が、今では社長ってすごいな。地元の同級生と上手くやって業績を伸ばしてるらしく、そんな繋がりの仕事ぶりにも感動しました。

そして、自分の仕事を通じて彼のお困りごとに助力できそうだと感じたことも嬉しかった。改めてがんばろ。

実はまた展示会に参加する予定

詳細はまだですが、年内に出展する予定です。今回の失敗を踏まえ、さらにパワーアップした展示会にします!

そんなわけで、次回は来てね。

ニオイのお困りごとは、気楽にお問い合わせください。僕くらいユルイ奴の方が、言いやすいこともあるでしょ?