臭いのは嫌だ【消臭のしかた】

こんにちは。

暑さとともに湿気を感じるようになってきましたデオドルE浦です。

できるだけベッドとかに触れないように生きています。

暑くなると臭くなる

暑さと湿気が日本の夏

というのが特徴なのかななんて思ってますが、ウィキペディアによると日本海側と太平洋側で大きく違うとか、一部の地域で西岸海洋性気候やツンドラ気候もあるとか・・・。まぁ、そこらへんのことは良純に任しといて、僕の認識では温帯湿潤気候って習ったような気がするのでそれでいきます。つまり、暑さと湿気がヤバイってことです。ってか、湿気が暑さをより際立たせ不快な感じにしてるんでしょうね。そうだよね。湿気が鬱陶しいよね。まぁ、そんな日本の夏のお陰で四季がはっきりしてるとか水が豊富だとかなんだかんだ良いこともあるようなので、この時期は我慢して乗り切るとするしかないわけですね・・・。プールは行きたい。海よりプールに行きたい。あ、ボヤキです。

そんな湿気の多い日本の夏において、暑さ以外に不快なものが発生するとしたら臭い(ニオイ)。いや、他にもあるだろ・・・って言いそうですけど、僕、ニオイの会社に勤めてるんで。だから、ニオイのことを書くよ!

まぁ言うても

そんな知識も経験も浅いんで、自分の経験談でお話ししようと思います。

まず暑い時期にニオイから連想されるものとすると、体臭でしょうか。でも、実際は年がら年中体臭がキツイやつは存在するもんだし、体臭がキツイやつってのは「汗=臭い」ってより、「不衛生=否定できない体臭」と進化したと思ってるので、暑い季節は臭いやつが増えるってもんでもないと感じています。うん。汗臭いって、場合によっては爽やかさすら感じますし。あ、オッサンは汗に酒や肉汁が溶け込んでるので、汗を掻くだけで臭い気はしますねぇ。できるだけ見たくないですねぇ。自分もオッサンなので、見るより見せたくないですねぇ。もうなんか、「アウト!」って感じじゃないですか。止めよう、この話。

体臭は身体自身からも問題ですが、服やシーツなどに染み付いちゃうのも悩みですね。もうこればかりは、小まめに洗濯をするってことでしょうね。雑菌が増えて死滅した後に死臭としてのニオイがアレらしいので、清潔に洗い除菌するということが第一です。まぁ、原因臭を除かない限りずーっと体臭問題は付きまとうので、手術もしたらいいんじゃないかな。責任はもてませんけども。

腐乱臭

腐乱臭とフランスは似ている・・・、音が。そんなことはどうでもよくて、僕が言いたいのは、食べ物が腐ったときのニオイってことです。腐敗臭ですねすみません。腐乱臭ってオドロオドロしいなぁ。

先日、しばらく家でご飯を食べなかったために、数日ぶりに開いた冷蔵庫の肉が腐っていました(ヒューッ)。基本的に勿体無い精神の塊の僕なので、食材を腐らせるのはまずありません。「これはそろそろ・・・」と思ったら無理やり食うし(たまにそれで腹を壊す)、事前に下ごしらえして延命したり冷凍しています。この時期は冷蔵庫の中とはいえ油断できませんね(油断してました)。悔しい。見た目は完全にアウトだったんですが、念のためニオイを嗅ぐ僕・・・。もうね、肉の腐敗臭って凄まじいんですよね。野菜なんかと比べると、また違ったニオイというか。タンパク質が分解されるニオイってことらしいんですけど、マジであれはヤバイ。ニオった瞬間、嘔吐しそうになりますもん。あぁ、死体が腐ったらこんな感じなんだろうなぁなんて、不謹慎な想像をしたり。とにかく、できるだけ嗅ぎたくないニオイ。

もうこれは、早く食え!ってことですね。ちなみに、酒に浸けておくと延命できるうえ臭みも取れて一石二鳥です。

そんで売り込み

まぁ、なんのかんの言って、しでかしたものはどうにかしたいのが人情。そこで僕が日頃利用しているのが、この消臭スプレー。

写真はタクシーのときのですけど。

これを気になる場所にシューッとやると、かなりニオイは落ちます。染み付いたものはしばらく吹き付けないといけませんので、それは据え置き型の消臭剤が楽でいいと思います。頻繁に洗濯しないシーツなどの布類に利用することもあります。ビシャビシャになるほど掛けなければ、シミになることもありません。冷蔵庫は綺麗に掃除して、一度拭きあげてからかる〜くシューッと。んで、もう一度拭きあげる。そのあと、コーヒーカスを置いています。コーヒーはけっこう効く。

そんなわけで、この暑い時期のニオイ対策に一本いかがでやしょ。1800円(税抜)するけど、2秒程度なら400回使えるので意外と保ちます。そんでハンドスプレーより霧が細かいのもあって消臭効果は高いです。オススメです。

あ、ウチの会社のHPのリンク貼っておきますね〜。

コチラをポチッと!