最近の保育園【都会】

こんにちは。

汗っかきデオドルE浦です。

昔、ラーメンを食べてて、汗でずり落ちたメガネがラーメンインしたことがあります。フレームもレンズもダメにしつつ、一緒に食ってた先輩に「体張りすぎだろ」と爆笑されました。ボケにしては高くつきすぎた・・・。

都会の保育園事情

マンションの下層に保育園

写真はイメージです。

僕は福岡生まれの田舎育ちなので、そもそもこんな高層マンションのある地域ではありませんでした(最近はイケアが出来たり新しく小学校も増えるらしく、高層化が進んでるようですけど)。通っていた保育園は敷地に別棟の教室や青空の下の運動場があり、なにかの建物の中に位置するものではありません。

ちなみに、お寺が経営している保育園だったので、ちょっと前提条件として違うのかもしれませんね。月曜日の朝は座禅に始まり、季節の行事や卒園するときにやる演劇は仏教(演目はブッダ)に沿ったものだったりしてました。東京に来て見掛けるようになった、高層マンションの下層階に保育園や幼稚園がある状況というのは、僕にはとても不思議な感覚がしてしまいます。

住宅密集地

マンションの下層階に保育園があるのは、とても便利ですね。そのマンションの住人であれば、一緒に通園できるし時間に余裕も生まれます。同級生(って言うんだっけ?)が一緒のマンションだから、遊びに行きやすいですしね。待機児童を減らすためにも保育園がもっと増えたらいいなぁと思うので、いろんな形に対応しつつ増えていければいいですね。

ただ、高層マンションの一室ということは、周辺が住宅密集地であったり駅に直結してるとか、人の多く集まる場所に建っている場合がほとんどだと思います。ニュースでは「児童の声がうるさい」とかクレームを言う人がいるくらい、環境としては周囲への配慮がかなり必要とされるのだろうと思われます。声だけじゃなく、保育園から外に向かって出されるもの全て。

そんな保育園からご注文をいただきました

保育園というと、夕方まで預かることになるので給食やオヤツが出ますね。楽しみだったなぁ〜(笑)保育園によっては給食センターみたいなところから仕入れることもあるのでしょうけど、今回のお客様は保育園に厨房があり、そこで園児の食事を作っています。その厨房の排気に向けた消臭で、ご利用いただいています。

つまり、消臭した先にいるのは園児や保母さんではなく、マンションの住人や近隣の方々ということです。せっかく、共働き夫婦の下支えである保育園なのに、「あの保育園はいつもご飯のニオイがして不快だ」とケチがついたら預けるご両親も肩身が狭くなります。さっきの「騒音クレーム」ではないにせよ、それで「保育園はいらない」なんてイメージを持たれたら困りますよね。子供が安心してお友達と遊んだり、大事な思い出を沢山作る場としてみんなに愛される保育園であってほしいですよね。

経営者からすると、地域と共存するために「消臭器?」と思うこともあるかもしれません。だから、「消臭するんです」ではなく、「みんなが気持ちよく生活し、お互い協力しあえる関係を作るためにある」と伝えないといけないですよね。「消臭する」ではなく「新たな価値を創造する」ことをしていきたいですね。