においの現場【日本デオドール】

こんにちは。

今日も早起きしてブログを書いてますデオドルE浦です。

気持ち体調も良いような。体の反応に任せるというのが、体調には一番良いのかもしれませんね。あとは、運動する時間を作ることかな・・・。

においの現場

美味しい天ぷら

今日は、毎月定期的にメンテナンスに伺っている現場をご紹介したいと思います。

日本デオドールのメイン業務というと、消臭のお仕事になります。取り扱っている消臭剤は植物精油なので香りがします(是非一度お試しくださいね)。僕は入社当時、芳香剤を扱っているのかなというイメージでしたが(たぶん世間的にも消臭剤って無臭のイメージじゃないですか?)、弊社では消臭剤と言っています(芳香剤と消臭剤の違いは曖昧なんだそうな)。「芳香剤で消臭する??」って頭が混乱する人もいるでしょうけども(僕が混乱させている)、あくまで消臭を請け負っております。

今回の現場は、デパートなどに天ぷらを卸している食品工場の厨房排気です。揚げ物臭がしていると近隣からお問い合わせがあり、弊社の消臭器にて消臭対策をとっています。揚げ物は好きな人が多いと思いますが、こと油のニオイは好きですかと聞けば「んん??」となる方が大半だと思います。更に、時間が経った油のニオイが好きな人はまぁいないと思います。明らかに嫌なニオイである生ゴミや溶剤のニオイと違い、食べ物のニオイを嫌がる人はなかなかイメージしません。が、それを毎日嗅いだり洗濯物にニオイ移りしてたりすれば、「ちょっとまって」ってなことになるんですねぇ。

消臭器は天井裏に設置しています

工場の排気というと、なにか特殊な方法でやってんじゃないかなんて想像しちゃいますが、ご家庭の排気と基本は同じです。使っている換気扇が大きいのかどうかって感じで、調理場周辺の空気を吸い上げて外に排気しているだけです。

その排気設備に弊社の消臭器を取り付け、消臭剤と調理排気を混ぜ混ぜして排気すると。消臭剤と混ざった排気は、化学変化(植物が自ら行うフィトンチッドを応用)で無臭物質に変化し外気と撹拌され、次第に臭いがしなくなるという寸法です。弊社の消臭器のメリットは、消臭器が小型で取り扱いが簡単、大掛かりな工事が不要だということ。植物精油を取り扱っているので安全であること。業務用としては安価であることなどです。

僕のような理系でもなんでもなく工業科を卒業してない人間でも、取り扱い方さえ学べばメンテナンスできることがその証明でしょうか。なので、別に僕が定期的にお伺いしなくても良いんです。お店の方が自らメンテナンスしていただくことが可能です。とはいえ、お客様と関係性が作れ御用聞きもできる理由になるので、定期メンテナンスをしています。

そんな御用聞きが一年ともなると

お店のお姉様方に、「さまぁ〜ずの大竹に似てるって言われない?」って聞かれるようになります。そのついでに、「おたくの消臭剤って家庭用とかあるの?」って聞かれるようになります。

大竹万歳!