僕の名前は井浦です【最高にどうでもいいこと】

こんにちは。

昨日からワードプレスが不調ですデオドルE浦です。

あ、ブログのことです。写真が表示されないんですよねぇ。なんだろ。編集ではちゃんと入ってるんだけど、アイキャッチが表示されてなかったりだけど投稿のアイキャッチは表示されてたり。よくわかんないんだぜ。

そんなこともあって、今日は写真を必要としないとってもどうでもいいお話をしたいと思います。

僕の名前はイウラです

E浦はイウラとお読みください

E浦と書いて、イウラと読みます。ちなみに、命名者はシノハラこと福井県敦賀市の建築会社の専務である篠原さんです。イウラという読みを変えずに、見事にニックネーム化する発想に脱帽(お、韻を踏んでる)。

井浦を呼び捨てになる感じなのか、人によっては「イウラ氏」とか「イウラちゃん」とか呼んでいただくことがあります。それが嫌なわけでも呼びやすいほうで全く問題ないのですが、もし呼び捨ててる感あるなぁ〜と思ってる方がいれば気にしないでいただきたいな、と。僕はたとえ「イウラ」と言われても「E浦」と脳内変換してるので、大丈夫です。遠慮なく「イウラ」とお呼びください。苗字ではありますが、イウラをニックネーム的に認識してる(僕にはアイデンティティ)のでむしろイウラと呼ばれたいと思っています。

イーウラではありません。

井浦新

井浦という苗字はあまり定番ではないですよね。モデルであり俳優のARATAさんが、改名して「井浦新」となってからイウラのメジャー入りを期待したのですが、どうやら世間が持つ彼のイメージに「井浦」という字面は存在しない模様で、「井浦新の・・・」と言っても「イウラアラタ?」と何故かカタコトで返され通じません。更に、彼の「井浦」と僕の「井浦」が同一であるという認識もされないようでして、辛うじて「井浦新の・・・」で「井浦」が通じても、頑なに僕の「井浦」と一致させようとしてくれない場面もしばしば。

なにかの陰謀を感じずにはいられません。

聞きにくい

「名前あるある」として、イウラという音は電話では通じにくい問題があります。「イウラ」と何度言っても「ヒウラ?」「ミウラ?」「ミムラ?」「ヒムラ?」「チムラ?」と、これまた頑なに「イウラ」を避ける傾向にあります。私の記憶が確かなら、すんなり「イウラ様ですね」と言われたことがありません。名乗ったあと「もう一度・・・」と言われたら、もう「井戸の井に、サンズイの浦です」と伝えます。こんななら、最初から「福岡県出身、井戸の井にサンズイの浦のイウラですっ」とか名乗ろうかな。要らない情報ひっつけて、余計に混乱させようかな。

ちなみに下の名前が「惇(ジュン)」なんですが、「井浦くん」と呼ばれると「イウラジュン」ってフルネーム呼び捨てされてんのかと思う時があります。

何故か僕が混乱するので、気を付けてください。

改めましてイウラです

そんなわけで、お願いしますね。