花粉症は甘え【日本デオドール】

こんにちは。

晴れ間が続いて気持ちの良い春を感じて居ますデオドルE浦です。

どの季節もそれぞれ良いところがあると思いますが、春は気持ちがリセットされる感じが好きです。今日から新年度ですし、そういう「新」の時期だからでしょうか。新しいことが始まるワクワク感は、幾つになっても楽しいし嬉しいですね。

◾僕は花粉症

重度かどうかはわかりませんが、普通に鼻水は無意識に垂れ落ちるほどだしクシャミは出るし目は痒くてたまりません。とはいえ、周囲の酷い人と比較するとそうでもないのかな?と思うこともシバシバ。今年は病院で薬を処方してもらわぬままなので、市販の謎の塗り薬でしのげてますし。あとは、「花粉症に良い」とされることには出来るだけ気を付けています。一番は生活態度ですかね。花粉症に限らないですが、できるだけ添加物の多いものは避ける(チョコレートはたまに食べますけど)。コーヒーはブラックで(そもそもブラックしか飲まないけど)。部屋は綺麗に保つようにしてます(散らかってるのは嫌いですけど)。睡眠もちゃんと取るように不要の作業はしないとか(これが一番難しい)。花粉症はアレルギーに対する体の抗体反応(だったっけ?)ってことなんで、正常な状態にあれば症状も緩和されるということなんでしょう。

◾花粉症が発症して

かれこれ15年くらいでしょうか。東京に来てから発症したので、僕は東京の空気がいかんのだろうと思っています(完全なとばっちり)。いえね、そう思いませんか?アレルギー反応による、体にとっては当然の働きが異常になるってんですから、この大都会の空気とか環境が万全かっていうとどうなの?なんて。ええ、完全に八つ当たりです。わかってるけど、このやり場のない思いに理由をつけておきたいのです。あ、でも福岡は黄砂でPM2.5が飛来しとるな・・・。何処に居たって変わらんのか?

僕の場合はスギ花粉らしいので、春が過ぎれば症状は緩和されます。どうやら関東でも西部はスギ花粉による花粉症患者が多いようなので、できるだけそっちには行かないようにしたい。

◾花粉症は甘え

会社でも花粉症の話題はあがります。社長も花粉症だし、というかほとんどの人が花粉症です。日中は会社の何処かで「ズビーーーッ」という鼻をかむ音が聞こえます(笑)

そんなとき、ある男性社員が言いました。「花粉症は甘えです」と。彼は東京生まれ東京育ち。悪いやつとだいたい友達・・・ではなさそうな人ですが、まぁいつも発言が酷い。ただ自分の基準で「オモシロイ」を実行する人なので、発言がいつも酷いんですが、確かに東京に生まれ育っているのに花粉症の症状がない。最近はちょっと気になるらしいですが、目が痒いとかクシャミが辛いということも言いません。言うのは「花粉症は甘え」だけです。

知るか!なりたくてなったわけじゃないんじゃ!とだけ伝えております。

◾それでも部屋の換気はしたい

この時期、できるだけ窓を開けないようにしていました。自宅に空気清浄機もないし、冬の布団は起毛だしカーペットもあるし、この繊維の奥に花粉が入り込んだら掃除が大変だし。

とはいえ、ずっと換気されない部屋の空気は淀んでいるように感じます。気持ちの良い快適な部屋に居たいので、そんなのは耐えられません。なので、飛散が少ないと言われている早朝にだけ、5分程度換気するようにしていました。朝の冷たい風が気持ちいいし、症状が思ったより酷くない今年はこれでいいかなぁ、なんて。実際、寝起きは顔がグチャグチャな感じがして不快なんですけどねぇ。

◾おや?

ベッドがズレて押入れが開けられないな。ベッドを元の位置に戻そう。カーテンを挟みそうだから、ちょっと開けるか・・・。

え・・・?窓が開いてる?

ここ暫く、カーテンをこうすることもなかったから、いつから窓が開いたままになっていたんだ?しかも、枕の近くの窓が開いていただと?ま、マジかよ!

ちゃんちゃん♫