上を向いて歩こう【日本デオドール】

こんにちは。

今年は花粉症対策がうまくいっているようですデオドルE浦です。

あんまりキツくない。

◾️チャリ通勤していて

今朝、いつも通りチャリで会社まで走っていたんですが、道路沿いの桜に目を奪われ上を見上げている人を多く見掛けるようになりました。この時期は当たり前といえばそうですよね。そろそろ満開を迎えそうなくらいで、花が綺麗に咲いて最高の瞬間を今か今かと迎えるタイミングですもの。桜が大好きで親の強い人であれば、理解はできます。

しかし、チャリで走る僕にとっては「見ながら動いたりするなよ〜」と思いつつ横を通り抜けていくので、正直「面倒だなぁ」と思うこともしばしば。スマホを片手に良いアングルを探そうと夢中になって、周囲のことなど御構い無し。ぶつかって事故になったら、悪いのはチャリの僕ですからね・・・。僕以外でも、会社に急ぐ人にとっては動きの予測できないそういう人へ、煩わしそうな目線を送ってたりしています。

シャッターチャンスもインスタ映えも大事ですけど、まずは周囲の人とのコミュニケーションの方が大事ですよ。折角、桜は綺麗に咲いてくれてるのに、僕らが険悪な雰囲気になっちゃう。

◾️上を向いて歩こう

書き出しが矛盾しちゃってますが、そんな人達を見ていて思い出したのが、坂本九の『上を向いて歩こう』。場面は夜だし、四季折々の情緒を織り交ぜた歌詞なので桜とリンクはしませんが、「下を向いてても始まんないぜ!」って前向きな歌詞と、桜を見る人の姿がリンクしたんです。桜を見ていた人達みんなが落ち込んでるとかじゃないですよ。そんなこと、僕の知ったことじゃないです(笑)

桜って僕らの目線より高い場所に花をつけるじゃないですか。自然と目線が上にいくわけです。んで桜の花を見つけた人達の表情って、皆んな明るいんですよね。桜によって、皆んなが自然と上を向いて気持ちが軽くなってるよう気がして、桜はそういう風に仕組んだのかななんて。桜が日本中にあるのは、そういう作用もあるのかなって僕の空想です(笑)

折角、生命力がみなぎる春ですもん。寝てたクマも「おいっしょお〜!」って起き出す春ですもん。つくしの子が恥ずかし気に顔を出す春ですもん。空想でもなんでもいいから、気持ちをリフレッシュ&ポジティブにして笑おうぜ!

◾️そんなことより掃除だ!

いや、そんなことないけど。

冬はつい、寒いから部屋を締め切ってしまう時間が長くなってたと思います。換気はちょこちょこしてても、頻繁にはしませんね。人によっては、というか僕なんかは花粉症だからまだまだ部屋の窓を全開にする勇気はありません。空気が部屋の中で滞留して、冬のニオイが残ったままになっているかもしれません。

陽射しが強くなってきてますから、部屋に降り注ぐ太陽の熱も上がるというもの。朝になってカーテンを開けたら、なんかニオイがするってことありませんか?南向きのリビングで、午前中はなにかニオイが気になるってことありません?もしかしたら、カーテンやカーペットに残った冬のニオイやタバコ・ペット臭が陽射しでモワッと湧き上がってるのかもしれません。

まずは掃除だ!カーテンもカーペットも、洗えるなら大型コインランドリーに持って行きましょう!繊維に取り付いたニオイ物質も、洗えばとれちゃいますから。

そのあとは、部屋の消臭剤の一新です。できるだけニオイでカバーするものじゃなく、消臭剤が部屋に発散されると壁紙やカーテンなどに入り込んで奥のニオイ物質も消臭できるやつを使いましょう。

シュシュッとするやつも良いですけど、あれはニオイがで始めてから「シュシュッとしなきゃ!」って意識するので、元を断つまでズーッとシュシュッとし続けなければいけません。そんなん面倒なので、部屋置きの消臭剤を見直した方が楽ですよ。

だから僕は、『森のカプセル』を使ってます。

気持ちのいい春を逃さないためにも、部屋を快適に!