春の香り【日本デオドール】

こんばんは。

家に引き篭もってたおかげで今日の花粉の被害は最小限に抑えられたようですデオドルE浦です。

夕方ちょっと出掛けたけど、そのときも平気でした。これは、もしや・・・?

◾️東京では桜の開花宣言が出ましたね

3月17日、靖国神社の標本木で基準となる5輪の花が咲いたとか。開花宣言の基準が花5輪って、実は初めて知りました(笑)東京の開花宣言が靖国神社の桜ってのは数年前に聞きましたけど、そういえばどれだけ咲けば宣言になるのか知りませんでした。いやぁ〜、勉強になるなぁ。満開までには1週間ほどとのことで、丁度来週土曜日に下北沢あたりで花見の予定にしてたので、楽しみですね!他の見物客が多かったらちょっと面倒ですけど・・・(笑)

◾️桜に香りはあるのか?

一般的な桜というと、ソメイヨシノですね。全国に1千万本はあると言われるほどポピュラーで、春の訪れの代表格です。ニュースで開花宣言と言えばこのソメイヨシノですもんねぇ。調べてみると、オリジナルは1本だけ存在していて後はクローンなんだとか。つまり同じDNAのソメイヨシノが999万9999本いるってことです。人間だったらかなり怖いですね・・・(笑)

それにしても、これだけそこら中にあるソメイヨシノなのに、金木犀のように香りを感じることがありませんよね?なんででしょう。

人により「ソメイヨシノは香らない」と言う人がいるほどだし、花なのに香り成分が存在しないのでしょうか。

◾️ちゃんと香り成分は存在している

あまりに微香のため、人間の嗅覚ではわかりにくいようです。ソメイヨシノは交配種とのことなので、なにか意図してそうなってるのかもしれませんね。まぁ、これ以上つっこんだ話はわかんないのでこんなところで。

◾️春の香りというと

みなさんの春の香りってなんでしょう。花で行ったら梅が代表格でしょうか。もしくは、一人一人に春に咲く花の香りがあるのかもしれませんね。お日様のニオイってのもありますし、春キャベツや苺の香りに春を感じる人がいるかもしれません。

春の香りというと、そのほとんどが生命力を感じるものが多いように思います。雪解けの大地から芽吹く姿を見たように、冬眠していた動物が動き出すように、生命活動が盛んになり「起きたーーーーーっ!!」って感じだからでしょうか。自然とテンションが上がりますね。

◾️とはいえ花粉症との戦い

まぁ、色んな意味で春ですしね・・・。スギも花粉を飛ばさないと命を繋げないわけですし。彼らに(彼女?)罪はありませんもの。だけど、僕らニオイの仕事人にとって花粉症は天敵なんですよねぇ(僕は臭気判定士じゃないけども(笑))。鼻がグズグズで鼻水が止まらないし、詰まって呼吸ができなくなるし。マジで勘弁してくれよ!いや、スギに罪はないんだけども・・・(以下ループ)。

そんなわけで、春の訪れに喜びつつ花粉症との戦いに打ち勝つ所存で締めたいと思います。

では!