ソフィアプロモーションに潜入してきた【試食販売会社】

こんにちは。

一転して、今日は冬の寒さですねデオドルE浦です。

それでも花粉は飛んでいる!

◾ソフィアプロモーションに行ってきました

昨日、打ち合わせとして株式会社ソフィアプロモーションにお邪魔してきました。この会社の取締役専務の添田武彦さんと利害関係もなにもないただのお友達だったんですが(笑)、先日の飲み会でご一緒させていただき、そのときに「インスタ教えてくれ!」ってことで行ってまいりました。インスタそんなに使いこなしてないけども。

会社が恵比寿にあるってことは知っていましたし、すんごい近くにあるとは聞いてましたが、まさか駅直結のJRビルにあるとは思いませんで・・・。ビックリしたやんか!11階へ上がると、なにやら立派な案内板が。もうちょっとこじんまりとしてると思ってたけど(勝手に)、実はすごい人に呼ばれたんじゃないのこれはもしかして?

奥に進むと、会社のエントランスが。やべぇ。間違いねぇ。こりゃすんごい人だわ。こんな会社の専務って、僕、大丈夫?来て早々怒られない?理由はわかんないけど、怒られない?

内線で噛みまくりながらも、なんとか「添田専務に11時のアポイントをいただいております、日本デオドールの井浦です」はなんとか伝えられました。おいおい、マジかよ。俺としたことが、看板にビビるとは・・・!いや、だいたいが緊張しぃだけれども。数分前まで電車で居眠りこいてた自分をぶん殴って「おい、会社概要で売上見ただろ!普段弄られてるケンイチローの5倍以上売り上げてる会社だぞ!」って言いたいね。言いたかったね。

◾ラスボス現る

奥の眺望のいい会議室に通され、やたら香りのいいコーヒーをいただきながら待つこと1分。扉の隙間から伺う怪しい視線を感じていると、果たして彼はやってきました。

この方が、取締役専務の添田武彦さん。いや、様。

とりあえず、心の中で「今までスミマセンでした!」と100回くらい謝っときました。いきなり会社の眺望自慢、駅から外に出ないから外の天気がわかんない自慢のワンターン2回攻撃をしてきたときはさすがに全て身をかわしましたけど、僕の「日本デオドールヒストリー」は凍てつく波動で無効化されたので、2時間の戦いの中で10分しか保ちませんでした。ラスボス恐るべし!!

◾試食販売と管理栄養士と食育

『プロフェッショナル 仕事の流儀』風。

添田さんがどんな仕事をしているかというのは、なんとなく知ってました。スーパーに試食販売員を派遣するって感じ?僕が家電量販店への派遣スタッフだったこともあって、そういうもんかななんて。お話を聞いてみるととても興味深い世界です。メーカー、量販店、そしてソフィアプロモーション(販売員)との関係性があり、それぞれの利害があってその舵取りをする仕事なのかなと理解しました。

僕がいた派遣の世界というと、派遣会社がメーカーと契約を結び、メーカーは売上促進のために家電量販店にスタッフを派遣する。量販店➡メーカー➡派遣会社へと下りていく縦の軸と感じていましたが、ソフィアプロモーションは直接量販店と関係性を持っていることで、三者の関係性が横並びなっているように思いました。これで生まれるソフィアプロモーションの利益は、働くスタッフの環境がかなり良くなるということ。派遣スタッフって、メーカーにも量販店にも数字だけを求められるので(僕の経験では)、けっこう精神的にキツイ場面が多くありました(僕の経験では)。あくまで売ること、それができなきゃ不要って感じ。

このソフィアプロモーションのモデルでは、スタッフが働きやすい環境作りにより求人が増えます。もともと働いている人たちの中には、管理栄養士の国家資格を持った人もいるらしく、その人たちのノウハウを活かすチャンスが生まれます。試食販売員の質が向上し、ただ試食をさせメーカーの売りたいものを売るだけの人から、より買い物客の食生活に向けた販促が実現できます。栄養バランス、ちょっとした工夫で美味しくなる調理法などの主婦目線での独自化に繋げることができますし、売りたいものだけではなく他の売り物との相乗効果を生んだりと、試食販売員という仕事の魅力も格段に上がり、社会的認知や信用度も上がると。

更に、ソフィアプロモーションが掲げている『食育』へのアプローチに繋がるようです。そうなれば本領を発揮するのが、管理栄養士。まさに食のプロであり、現場で培った経験が更に磨きをかけるわけです。売り場で沢山の主婦ととったコミュニケーションって、すごい価値が生まれると思いませんか?誰も求めてないメニューを作ったって人には響かないと思いますが、試食販売員としての経験が他の管理栄養士にはない独自の価値に生まれ変わるんです。

◾夢は壮大、未来は無限大

添田さんに2時間ほどお話を伺いましたが、すごく夢のある楽しい職場だなぁと感じました。

正直、試食販売って僕は嫌いだったんですよ。「食べたら買わなきゃ」って気持ちになるので、できるだけ目を合わせずスルーしたい。ただ欲しいものを買いに来たのに、居心地が悪いやんか。迷惑だな。そんなふうに思ってました。それは、自分が経験した派遣という仕事の世界で自分が感じていたものをそのまま当てはめていたから。「売り込む」という感覚がどうにも好きになれなかった。僕の二度としたくない仕事はテレアポと家電量販店への派遣です(笑)そういう目線で見てたんですね。

人の利益になる仕事を探し、それを具現化し環境を作る。とても素敵な仕事ですよね。

「お陰様でウチの会社、業界ナンバーワンです」

ギャグのように連呼してましたけど(笑)、ただ儲けてるだけじゃない。スタッフが夢を持てる職場を作ることで、キチンと利益になっている。とても立派なビジネスモデルだなぁ、なんて。

ちょっと変わったオジサンだと思って、スミマセンでした!!