我が社は“ニオイ”の会社です【日本デオドール】

こんばんは。

最近晩御飯を抜いているデオドルE浦です。

ダイエットってことでもないですが、摂取カロリーが基礎代謝を超えてる希ガス。

◾️作業の時間が多くなる

あ、これは文句ではないので先に言っておきますね。

僕、発信力をつけようと勉強会に参加してて、これが仕事とプライベートで重なる場面が多数あるんです。すると、どうしても社内作業と自宅作業が混ざってしまって、作業が多くなってるってことを言いたいだけです。

僕の仕事の中には消臭器のメンテナンス作業の他に、消臭器の制作や資料作成、製品開発に関わる調整や準備と報告、雑用もあるしまぁなんか色々一通りの仕事があるわけです。そこに、日々の発信が加わると。それの一つ一つはそんな作業量じゃないと思うんです。おそらく、まだ仕事を自分なりに整理するのに時間が掛かってだけだと思うんですね。内容がちょっと違うと、「この作業はこのまま進めて大丈夫?」って立ち止まるので、その度に切り替えに時間を浪費してるんです。

そのせいで、結果的に1日の作業が増えてしまってるんだと思います。

◾️これが不幸か

というとそういうわけじゃなくて、色んな仕事をやらせてもらえてるので、悩みはしつつも幸せではあるのです。特にその幸せを感じるのが、会社で「こういうことしたいね」って新しい動きがあるときに、それに関わらせてもらっていること。

今朝上手くいかないと嘆いた作業はそんな中の一つで、来週、就活生向けに会社説明会が催されるのですが、その資料が全然進まなかったってやつです。

今朝まで見事に真っ白。

結局、社長に手伝ってもらって僕の作る資料のテーマが決まり、午後はその作業に没頭することができました。その資料は、「就活生がもらっても捨てない紙ファイル」。

◾️ファイルのテーマは業務案内

大学で行う説明会なんですが、就活生はいくつもの会社をはしごして説明を聞くわけで、その度に資料をもらいます。そうなると、並みの資料じゃ埋もれてウチの会社のことなんて忘れられる恐れがあります。

ならば、捨てられないファイルを作っちゃおう。捨てられないほどインパクトを残しつつ、誰が見ても「日本デオドールってこんな仕事してる会社なんだね」と伝わる資料。となれば、イラストで視覚的に伝わりやすくし、且つクスッとしてくれる内容にしようということになりました。

欲しがりの僕にとって、悪ふざけは得意です。キャラクターが世代じゃなくても、様子が伝わればインパクトにはなるはず。

◾️日本デオドールはニオイだけじゃない

一番伝えたいのは、そこなんですよね。資料を見たらわかりますよね、普通の会社じゃないってことが。ニオイの作業をこなしてるだけじゃなく、バカげたイラストを会社の資料として堂々と出せる変わった会社だってことが。そういうところから、就活生が「この会社でやりたいことを見つけたい」とか「製品開発に携わりたい」とか「自分のアイデアを具現化したい」と思うかもしれない。そんな期待をしてほしいなぁ。

そう思って資料を作成してたら、楽しくて仕方ない。作業が多くても嫌だとは思わない。疲れるけど(笑)これって、仕事する上では幸せですよね。

まだ完成にはほど遠く、作業もたんまり残ってるけど楽しんで頑張ります!