虎の威を借る狐?【日本デオドール】

こんばんは。

今日は1日力仕事でしたデオドルE浦です。

とある秘密組織の地下施設での仕事だったので、ココで詳細を語るわけにはいかないのが残念です。

◾思っても見ない出来事

経緯は人伝てなのですが、どうも日本デオドールの名を語って仕事をしている不届き者がいるようです。ただ、同じニオイの仕事をしているわけではなく、ウチの名を使ってネット販売をしているようです。

『日本デオドール』に間違いはないんですけど、取扱商品がシャンデリア?
消臭剤でもでるのだろうか?

会社の所在地はウチに間違いないですが、不通の電話番号や在籍しない人の名前が・・・。
柿本悠多って誰だ?

このサイトから商品を購入された方から、「商品が届かない」との電話で発覚したとのこと。青天の霹靂とはこのことですね。電話を受けた者も、最初はなんのことだかわからなかったようです。

◾なぜ?

速報で社員全員にメールが飛んできたとき、僕は「なぜ日本デオドール?」と思いました。誰でも知ってるくらい有名な会社ではありませんし、なりすましてサイトへの集客があるとは思えなかったからです。これでいくらの売上があるんだと。意味ないだろと。ウチを陥れたい人がいるとも思えないし・・・(知名度がない時点で、会社への痛手なんてまずないですしね)。

これ、調べてみると「そうかもな」と思うことが幾つかありました。

・無名会社だから、問い合わせが少なく発覚しにくい

・一つのサイトからの受注は少数でいいので、中小企業の名前がちょうど良い

・一つのサイトでの売上が少額でも、複数サイトを立ち上げれば売上が高額になるウマ味

・レンタルサーバーの無料期間を使うことで時限的にサイトが閉鎖されるので、後々問い合わせができない場合がある

・取り扱っているのが高額商品ではないので、被害届けを出しにくい

・名前や所在地は嘘じゃないので、会社がちゃんと存在しているように見える

なかなか人の心のスキマをついてるように思います。代表者の名前だって、苗字が合ってれば「親族かな?」とか都合の良いように考えてしまいますからね。日本デオドールを知ってるとかそういうことじゃなくて、存在する中小企業であることが都合が良いと言うことかもしれません。

◾すぐに対応できた

サイトは作ったけどあまり管理してないという会社さんは、充分気を付けないと、いつの間にか似たようなサイトを立ち上げられているかもしれませんね。日本デオドールは、明らかに取り扱っている商品群が違ったことが不幸中の幸いとなりましたが、似たような商品だと「なりすまし」に気付くまで時間が掛かったかもしれません。

◾改めてお知らせを

公式サイトでも掲示しているお知らせを。

<お知らせします!>

現在、当社の社名を無断で使用し、あたかも当社が運営しているかのように見せかけたネットショップが確認されています。

当社が運営しているのは、下記の3つのウェブサイトのみであり、家庭用商品は、Amazon楽天Yahoo!ショップでのみネット販売をしております。(当社の商品を仕入れて販売されている代理店様もおりますが、その場合は店舗名や連絡先などをよくお確かめの上ご判断ください。)

もしも、このような偽サイトをご利用された場合、お客様の個人情報が不正に取得されたり、代金を支払ったにもかかわらず商品が届かないなどの被害にあう可能性がありますので十分にご注意ください。

万一、被害にあわれた場合は、お近くの消費者センターまたは、警察へご相談いただくことをお勧めいたします。

当社が運営しているウェブサイトのURLは以下でございます。

■日本デオドールメインサイト(このブログのサイトです)
https://www.deodor.co.jp/

■厨房排気のにおい対策専用サイト
https://www.deodor.co.jp/tyubo/

■香り空調専用サイト
https://www.deodor.co.jp/kaori/

※お気づきのとおり『deodor.co.jp』の同一ドメインサイトのみです。

当社のシンボルはコチラです。
必ずサイトのトップに掲示しているので、ご確認ください。

被害に遭われた方には、心からお見舞い申し上げます。

新たに被害に遭われる方がいませんことを、心から願っております。