仕事は楽しいこと【雑談】

こんにちは。

タイマー掛けずに寝たらこんな時間ですデオドルE浦です。

曇り空だから洗濯するか迷ってます。

◾️東京工科大学に行ってきました

広ーーーーーっ!
大学って広ーーーーーーっ!
僕は専修大学の神田校舎だったから、こんな広い大学の中を歩くのは初めて。
歩いたつっても、バス停から厚生棟までだけど。

昨日は、八王子にある東京工科大学に行ってきました。

理由は、昨年に続いて今年もコーオプ実習(インターン)を実施するため、実習学生との面談だったんです。

まだ実習が始まってないので、写真はNGでした。

ひとつだけお伝えしてくなら、今回の実習生も女性です・・・。

実習生との面談の前にコーオプ実習説明会があったんですが、そこでは竹之下さんが実習報告をしてくれました!

日本デオドールに実習に来てくれていた、竹之下さんと河相さん。
二人とも相変わらず元気でフレッシュ!
会えて良かった〜。

落ち着いて、しっかりウチでの実習風景を発表していて、学科内でもプレゼンには評価が高いようです。

社長は実習生に、「いかに自分をキチンと伝えられるか」ということを強く話しています。

どんなに能力が高くても、どんなにその仕事が好きでも、相手に伝わらなければ力を発揮できる場を得ることはできない。

日本デオドールでの実習では、その力を身につけるきっかけにしてほしい。

今回の竹之下さんの発表では、その姿が見れたのが嬉しかったですね。

◾️発信することを始めてもらう

今回の竹之下さんの発表でも思いましたが、発信するって大事ですね。

自分の気持ちを伝えること。

伝えようとしなければ、誰にもわからない。

当たり前ですよね。

家族や親しい友人であっても、思ってることがわかる人なんていません。

「言わなくてもわかるでしょ」なんて、ジーーーーーーーッと観察してたってわかんないもんはわかんない。

以心伝心とかアイコンタクトとか言うけど、それって癖やルーチンがあってのこと。

映画を観て「あそこに感動したね」とか、ドキュメンタリーを観て「こういう考えに変わったね」なんて言われたらヒクし。

日々変わる思考の変化がわかるなんてあるか!

伝えないと、人にはわかってもらえません。

専門的なことじゃなくていい。

仕事のことじゃなくていい。

些細な思いつきや、道を歩いていて感じたことを伝えてくれたらいい。

人を傷つけないことなら、僕はなんでも言えばいいと思います。

人となりが見えたら、親近感湧きますもんね。

日本デオドールを通して、実習生を好きになってほしいな。

頑張ってる姿や、仕事に真剣に取り組んでるのは僕が伝えますから!

たぶん・・・。

◾️継続すればきっと変わる

発信してたら、絶対好きな仕事が舞い込んできます。

仲良くしてる人から「君にお願いしたいんだ」って言われます。

いまは学生で、社会人として仕事はしてないから伝わらないかもしれないけど。

それだけは言い切れます。

履歴書だけじゃ人となりは伝わらない。

面接だけじゃ能力は伝わらない。

ってか、自己都合前提の会社の面接に希望なんて持てないよ。

「思ってた会社と違った」って、伝える努力をしてから言おうね。

君のことを知らない会社が、君がやりたいことを用意するわけないでしょ。

「言わなくてもわかるでしょ」って、ジーーーーーーーッと見ててもわかりませんから。