「バカ」は蓄積する【雑談】

おはようございます。

今日は江ノ島でとあるお勉強会です。

もっと発信力を磨くぞ!

というわけで、めずらしく朝にブログです。

◾️前置き

僕は公務員に始まって、カラオケ店、テレオペ、家電量販店、通信会社、携帯キャリア、人材派遣、社員研修講師、テレアポ、建築業界、そしてタクシーと仕事を転々としてきました。

理由については今回のテーマじゃないので、割愛しますね。

それだけ仕事を変わると言うことは、それだけ色んな職場を経験してきたってことです。

転職の良し悪しについても、今回は置いといてください。

そんだけ転々としていると、色んな先輩上司に出会うわけです。

なにが良い先輩だとか上司とかってのは一概には言えませんし、そんなの僕にもわかりません。

が、幼少期からの感受性で育んだ感情と、社会とのコミュニケーションでの感情がリンクするタイミングがあるんです。

一つの行動が、とても重くのし掛かってくることがあるんです。

あ、もしかしたら今回のテーマはとてもネガティブかも。

ただ、願わくば「あ、思い当たるかも」なんて思った人がいたら、ちょっと立ち返ってみてほしいなぁ、なんて。

◾️思い当たることはありますか

単刀直入に言うと、部下や後輩に対して「お前バカなんだからさ」という言葉を使ってませんか?

まぁ、いい大人がなにを言うとるんだ?と思うかもしれません。

そういう人はもうこの先読んでも、なにも共感されないと思います。

とても気軽に使える感じ。

関西人も「お前はアホか」と言うくらいだし。

ちょっと言葉が悪いくらいで、本気でバカにしてるつもりはないんだから。

コミュニケーションの一環でしょ。

悪ぃ悪ぃ、ちょっと口が軽かったかもね。

そんなこと思ってる人、いますか?

◾️言葉は発する人の立場や環境で変わる

いやいや。

仕事という場で、上司や先輩という目上から言われる「バカ」と、同僚や友達から言われる「バカ」はまるっきり受け取り方が違いますよ。

職場って、毎日ある程度の結果を求めらる場です。

遅刻しないとかサボらないとか捌かないといけないこととか。

ボケーッとして給料をもらおうと思ってる人は、そもそもそれだけ肝が太いんでしょうけど、いわゆる一般的な社会人は緊張感をもって働いています。

となれば、一番誰の目を気にしているかって、上司や先輩です。

その先輩上司に、「お前バカなんだからさ」って言われるのは、有無を言わさぬ重圧があるわけです。

◾️子供の頃に感じていたこと

失敗して怒られたくないっていう気持ちがあるのは、自分を認めてほしいと思ってるからだと思うんです。

認めてほしい人に「お前バカなんだからさ」って言われたら、けっこう落ち込むもんじゃないでしょうか。

僕は劣等感の塊でした。

それは、「自分が認められた」と感じることがなかったから。

いつも否定されてるような気持ちだった。

それとリンクするようで、酷く落ち込みます。

まぁ、これは僕の話ですね。

話を戻して。

◾️些細な一言と一蹴するなかれ

些細な一言と思ってるとしたら、おそらく日常的に使ってるんでしょう。

「バカ」に限らず。

ちょっとしたネガティブな言葉を。

その数々の言葉は日々蓄積していき、「自分はバカなんだ」と思うようになる。

「いやいや」とは思ってみても、次第に心身に溶け込んでいく。

そうすると、自ら発信したり行動することを恐れるようになる。

だって、なにやっても認めてもらえないんだもの。

自分で考え行動しろって、したらしたで「お前バカなんだからさ」って言うんでしょ?

やってらんねーよ!

◾️愚痴ですね、こりゃ

でも、歯を食いしばって頑張ってる人もいると思うんです。

その人が同じように考えてるかはわかんないけど、こういう考えもあるって、なんだかそれが言いたくてブログにしました。

言葉は、その人の経験によって受け止め方がだいぶ違うと思います。

それを全部意識して使い分けるってのは難しいけど、思いが伝わらないと思ってる人がいたとしたら、このブログがなにか発見になれば。