事件発生【ニオイ対策】

こんにちは。

コーヒーを淹れようとお湯を沸かして忘れていたデオドルE浦です。

ティファールだから事故にはなりませんけど、また沸かし直すのがなんか切ないです。

◾️シャチョーからホットカーペットをいただきました

会社のどこかに仕舞ったままになっていた、それはまぁ立派なホットカーペットをいただきました。

数年放置してた状態なので外箱にカビが生えてるような代物でしたけど、物自体は高価な部類に入る物でしたので、ありがたく頂戴しました。

こいつな。
ダニパンチだけじゃなく、室温センサーまで付いてる。
自分がいままで購入したものとは別次元やで・・・

これに毛布をひざ掛けにしてれば、かなり暖かい!

室温は上がらないから指先とかは悴み(かじかみ)ますが、半纏があればかなり良い感じになりますね。

お手入れもしっかりされていたようで、掛けカーペットの起毛がヘタってることもなく、ゴミが残ってることもなく、いやぁこれはありがたやーと事あるごとに使っております。

◾️事件は起きた

まぁ温い。

あぁ温い。

炬燵みたいな感じで使ってるので離れられないという恐ろしさはあるものの、この温さには心を解放されます。

シャチョー、ありがとうございます!

感謝やで!!

とニコニコしながら使っている事、1時間。

ん?

なんか臭う?

これは、足のニオイか?

え、いくらなんでも毎日風呂に入り裸足で生活してるのに、翌日の午前で足が臭うかね?

マジで?

と思いつつ、我が足を嗅いでみるも臭わない。

自分のニオイに嗅覚が麻痺することはありますが、いまおかしなニオイを感じてる以上、麻痺してるわけではない。

ということは、別の原因が・・・。

・・・って、コイツかーーーーーー!!

我が家の新参者と言えば、お前しかおらん!

ホットカーペット!!

そうなのです。

新品でないこのホットカーペット。

中古でいただいたということは、前に使っていた人がいたということ。

そう、前の使用者の生活臭が残っていたってことなんです!

しかしこのニオイ、足の臭いとはちょっと違うな。

獣のようなニオイがするんだよなぁ。

ということでシャチョーを問いただしたところ、何故か爆笑しながら「昔飼っていた犬のニオイだろうね(爆)」とのこと。

それだーーーー!!

ペット臭だーーーー!!

獣臭だと思ってたのは、それだわーーー!!

お母様は潔癖らしく、毎日のように犬をお風呂に入れてたらしいんですが、それでも他人にはわかるんですね。

ペット臭恐るべし。

◾️そんなわけで

消臭したる。

わしゃ消臭したるで!

まず取り出したのは我が社の消臭スプレー。

生活に関わる色んなニオイを、コイツは消臭してくれます。
タクシーのときは、特に重宝しましたね。

コイツを部屋に・・・ではなく、ニオイの元になっているカーペットにシューッ!です。

部屋が臭いと思っても、ニオイを放ってるのはカーペット。

元を絶たなければいつまでもニオイますからね。

染み付いたニオイというのは、繊維の奥にまで浸透してるので一度だけでは難しいです。

ウチの消臭剤は科学変化で消臭していくものなので、原因臭に取り付きさえすれば二度とその物質からニオイは発生しません。

とはいえ、原因物質が残っていればニオイ続けるわけですから、しばらくは数回に分けて原因物質に届くようスプレーします。

とはいえ、毎回そんなことしてたら大変です。

カーペットの上にはテーブルがあったりしますから、いちいち退けるのは難儀です。

そこで活躍してくれるのが、空間消臭剤のコイツ。

消臭剤を染み込ませたビーズを使う『森のカプセル』。
発散される消臭成分が、これまた科学変化で原因臭を無臭化していくので、置いておくだけでニオイ物質を減らして消臭します。

コイツが発散する消臭成分が部屋中に拡散し、壁紙やカーペット、なかなか掃除しないところに溜まった埃に付いたニオイを消臭していきます。

つまり、コイツがあれば次第にホットカーペットのニオイは無くなるって寸法です。

◾️消臭作業は原因を見極めること

とはいえ、僕も含めて素人にはそれが難しい。

だからと言って、闇雲に消臭剤(芳香剤)を買って来て置いてみるのではきちんと消臭できてるのかわかりません。

道具も用途を判断できるチカラを身につけないと、やった気になるだけです。

生活習慣によって、どんなニオイが出てくるのか知っておくのが、原因を探る最短の方法じゃないでしょうか。

特にペットは愛情から盲目になりがち。

ニオイはデリケートな問題だから、他人からすると指摘しにくいですからね。

ちょっと消臭について、考えてみてると快適さが変わりますよ。

以上で〜す。