消臭というお仕事【日本デオドール】

こんにちは。

お昼ご飯を食べ過ぎたかなデオドルE浦です。

年齢とともに食べる量が減ってきますね。

今までが暴飲暴食だっただけなんですけど。

◾️昨日は年末ミーティングでした

他にもたくさん出席されてましたけど、お問い合わせなどで中座することも。
中小企業ならではなのかな。

議題は、今年一年の振り返り(実績など)と来年の抱負。

少人数だからこそ、一人が負担する仕事量はけっこうなもの。

それを皆さん責任持って遂行しているし、その仕事の質もキチンと考えていることが伝わりました。

ぶら下がりで仕事してるわけじゃないんですよね。

僕は入社して一年未満で、知識も業界のことも仕事内容もわからず入社したので、知らないなりに色んな発見があったことを発表しました。

特に感動したのが、少しずつだけどウチの商品を体験してもらう機会ができたことで、その一人一人が商品のクオリティに満足してくれたこと。

そして、その商品をもっと「こんな風に生かしてほしい」「ぜひ、こんな場面で使える商品を作ってほしい」と言ってもらえたことです。

商品力はある。

だけど、それを伝えることができていない。

そのことを痛感したとともに、もっと色んなことができる可能性を感じた一年でありました。

来年は、もっと発信力を磨き、会社や業界のことを知ってもらいつつ、皆さんが抱えるニオイの悩みを解決できるようになりたいです。

あ、臭気判定士試験も合格します。

◾️ニオイの悩みを解決する

今回のミーティングで、道が開けたように感じた場面がありました。

「人々のニオイの悩みを解決する」をようやく理解できた気がしたんです。

というのも、この「悩み」って「消臭すること」だと思っていました。

コレ、間違ってはいないけど、悩みの本質ではないんじゃないかってことなんです。

※ちなみに、現場を完全無臭にすることはできません。消臭率は5割〜7割としています。

お客様の要望とはなんなのか。

僕らにニオイの相談をされる方々は、仕事としては「消臭すること」を望んでるんですが、解決したい問題って「消臭することで、お店のお客様に快適な空間を提供したい」とか「クレームを減らし、周囲の方々と円満な関係を構築したい」ということなんですよね。

消臭できなくたって、問題が解決したらその手段はなんでもいいはずなんです。

ならば、「消臭してほしい」というご相談をまま受け取るんではなく、「消臭することでなにを実現したいのですか?」と聞く姿勢を持たないといけないんですね。

でないと、お客様が抱えている本当の悩みを聞いたことにはならないし、場合によってはお客様も気付かないままになってしまうんです。

◾️ある社員の行動で気が付いた

もっとも長く働いている先輩がいるのですが、その日はこの方と現場を同行することに。

とにかく愚直に丁寧に仕事をされる方で、消臭に真面目に取り組んでいます。

今年の売り上げを増収させていて、ミーティングの中でなにがその結果に結びついたのか?という話題になりました。

本人は、昔からの繋がりとこれまでの安定した仕事ぶりが、結果になったのではと言っていました。

これもきっと間違いではない。

たぶんそれは表面的なことで、長く続けていただいているお客様も、お問い合わせから仕事に繋がった新たなお客様も、その先輩の仕事ぶりと態度を見て「この人ならこの悩み(問題)を解決してくれるに違いない」と思わせたってことじゃないかと感じたんです。

商品力はあるんです。

消臭するノウハウや技術は持っているんです。

ただ、お客様はそこを前提として「なにを与えてくれるか」を無意識なりに判断してるってことなんですよね。

この先輩は、お客様とのコミュニケーションでそれが出来たんだと思いました。

◾️伝えるちから

伝えるちからって、言葉にする語彙力ってことでもないようです。

相手の話をキチンと理解すること。

本人が見えていないことを、僕らの知識と経験とノウハウで導いてあげること。

これが「伝えるちから」なのかな、と感じました。

それがプロとして認めてもらえ、誰にもできない仕事に昇華するんだな。

そして、伝わるために僕らのことを知ってもらうことも大事ですね。

知らないまま仕事を始めるより、知ってもらえた上で仕事に取りかかる方がより明確な結果を出せ、お客様の満足に繋がるんだと思います。

発信することを怠っては、いずれ自分の首を締める。

そう思えた、とっても有意義なミーティングでした。

以上で〜す。