暑さを凌ぐために【ニオイ】

こんにちは。

寝落ちが増えて目の乾燥が気になるデオドルE浦です。

朝起きると痛いんですよねぇ。

んで、あんまりよく見えなくなります。

湿気の多い季節ですけど、エアコンは乾燥しまっせ!(誰でも知ってる)

■夏の暑さがヤバい

加齢であったり、場所の変化だったり色々原因はあるにせよ、ここのところの夏の暑さはヤバいですよね。

社会人になると、色んな年齢層の方とお話する機会がありますが、この暑さの話になると、こぞって「子供の頃、こんなに暑かった?外で遊べたはずだけど、天気予報じゃ外出を抑制したりするよね」なんて話になります。

子供の頃の記憶なんて曖昧なのでなんの説得力もないんですが、みんな感じることは同じなんだなぁって。

熱中症で亡くなる方のニュースも飛び交ってますし、いまや「暑すぎる」は夏の風物詩のようにも感じます。

■辛いよサラリーマン

ネットから拝借。
時の人となった『一般人四天王』らしい(笑)

僕も以前は季節に関わらず、仕事と言えばスーツでした。

随分前から「クールビズ」が定着しましたが、それまでは夏でもジャケットを着て出勤していました。

それがサラリーマン(ビジネスマン)としての、最低限の身だしなみだと教わっていたから。

でも、この状況を鑑みて、スーツである必要性ってどこにあるんでしょうかね?

「TPOが」って言うなら、スーツは会社に常備しておいて制服としたらよくないですか?

普段の仕事でも、スーツでってなんかナンセンスだと思うんですよね。

これは、日本人特有の「こう」なってるものは「こう」でしかない、っていう感じなんでしょうか。

■僕は毎日ポロシャツです

昨日、出勤する前の写真です。
昨年購入した、Keisukeokunoyaをフル活用させていただいてます。
生地が丈夫でヨレないし、ガンガン着ててもくたびれないので最高です。

このブログを書いてる今もポロシャツです(笑)

汗をかいてもすぐ乾くし、汗で不快な思いをすることもありません。

日本デオドールには作業着があるので、出掛けるときはそれでいいんです。

絶対「スーツで出社な」とは言われてません。

おかげで、快適な毎日を過ごせております。

ちなみに、これは先日の作業着で出勤する僕の図。
出先はこれが正装だと思ってます。
相手先の式典に出るとかじゃないですからね。

いつも思うんですけど、「正装ですから」って汗だくスーツで来られるより、爽やかな格好で来られた方がよくないですかね?

やっぱり、スーツじゃないと相手先は不機嫌になっちゃうんですかね?

■どうせ汗はかきますけども

汗をかく姿ひとつでも、相手の印象って随分違うと思うんですよ。

夏らしい方が、受け入れやすいと思いません?

だいたい、みんな同じ疑問を持ってるはずなんですよ。

「暑いでしょう〜」って、そら暑いわ!

暑いけど、サラリーマンはスーツ着ないといかんって世間が許さんのですわ!

そんな感じじゃないですか。

それよか、みんな気持ちよく仕事できる環境にした方が良いですよね。

「ドレスコードが曖昧で・・・」ってんなら、ゴルフスタイルを踏襲したらいいんじゃないですかね?

だって、あれ、紳士のスポーツなんでしょ?

紳士ですよ、紳士。

ジェントルメンがマナー違反しますかね。

だから世間よ、短パンも許すこと!

■ニオイも印象で変わる

「汗臭い」って言いますけど、それを好む人もいるわけです。

あ、フェチズムとは別で。

で、その「汗臭い」が受け入れらる人って、好意のある人に限られます。

佐川急便の人が汗だくで「こんちわ〜」って来ても、その人の笑顔が爽やかで元気ハツラツとしていたら「あぁ、この人走り回って大変なのに、笑顔で仕事してくれる」ってなるじゃないですか。

この人がたとえ汗臭く、場合によってはワキガであったとしても、たぶんだいたいの人は「一生懸命働く姿=汗」の図式になって、汗臭いことへの不快感は無いんじゃないでしょうか。

場合によっては、惚れるかも。

スーツはフォーマルだからこそ、スッキリ着るべきだと思うんです。

僕は革靴の歩く音が好きです。

それは外国映画で、カッコイイ俳優が颯爽と登場する場面で強調されてたからかも。

そんな姿が、スーツには一番しっくりくると思うんです。

だから、もうポロシャツと短パンでいいじゃん!

な!

日本デオドールは、夏の制服としてポロシャツを製作中です。
ウフフ。

以上で〜す。