モノづくりの世界【日本デオドール】

こんにちは。

夕方といえばデオドルE浦です。

ウソです。

すみません。

つまらないウソをついてしまって。

暑さにやられたのかもしれません。

■インターンの体験学習に便乗してみた

残すところあと1週間となった、インターンの竹之下さん。

ニオイの仕事についての勉強も大事ですが、まだ大学生ということもあり、社長のコネクションをフルに発揮して工場見学に行ってきました!

行ってきました!っていくか、僕は便乗して見学させていただきました(笑)

右手にいらっしゃるのが、堤工業代表の栗原良一さん。
2代目だそうです。

今回訪問させていただいたのは、大田区にあるプラスチック加工の『堤工業株式会社』さんという町工場です。

約2年前に移転されたということもあってか、とっても綺麗で整理されていました。

溶剤のニオイがしますがマスクが必要なほどではないし、とってもクリーンです。

僕の想像していた「町工場」って、職人が黙々と機械と格闘している、という想像をしてしまうんですが、そんな雰囲気は感じられませんでしたね。

作業されている方々には、快く対応いただきました。

これはホームセンターにもある、カットする機械です。
仕入れた素材を加工するために、これでカットするそうです。

■プラスチック加工工場

プラスチック加工って、なにするんだろう?

堤工業さんでは、届いた図面に従ってプラスチックを削るなどの加工をする工場で、実際になんの部品になるのかはわからないものがほとんどだそう。

図面が届くと、プラスチックの板を切り出し、大きさを揃え、穴を開け、ネジを立て、バリを取り、角を取るといった作業をメインにしてるとのこと。

切り取ったプラスチック片を、カンナの役目をした機械で揃えたところ。
数枚重なったプラスチックは、段差がわからないほどツルツルに。

昭和30年代の機会もまだまだ現役で使われていたり、知らない世界がたくさん。

タモリがこういう町工場に萌える理由がよくわかります(笑)

■では、実際に加工してみよう

竹之下さんが加工作業する様を激写せんとするシャチョー。

機械の使い方を教わりながら、いただいたプラスチック(アクリル)板に穴を開けています。

既にガイドの穴がつけられているので、それにそって穴を貫通させます。

中学の技術を思い出しつつやってみましたが、感触は想像より遥かに柔らかく穴が開きました。

MR.ビーンがいたずらしてるようにも見える。

次は、ネジ山をつくる工具を使ってネジを立てます。
工具を思ったように真っ直ぐに捻るのは難しいです。

ちゃんとネジ山ができたか確認したところ。
立っている黒いのが、ネジ山のチェックをする工具です。

「職人の仕事ぶりを・・・」と言いながら、思いっきり斜めにネジを立ててしまったシャチョー。
この悪ふざけが、後々自分の首を締めることに・・・。

実際はちゃんと加工する機械があるので、短時間に真っ直ぐのネジを立てられます。

機会の構造が面白かったので、動画をどうぞ。

編集してないので、ちょっと見にくいかも。

大根の角をとるが如く、アクリル板の角をとります。

素材ごとに温度設定をして、熱で曲げる機会です。
この緑の棒が加熱し、当てた部分が真っ直ぐ曲がるようになります。

そして、いつの間にかできたのがコチラ!
写真立てです。

さっきシャチョーが適当にネジ山を開けたアクリル板が、いつの間にか僕のとすげ変わっていました。
おかげでネジが最後まで締まらない・・・。
栗原社長曰く、「ネジの歪みは心の歪み」
まさにその通りです!
シャチョーめ!

■町工場でもイノベーション

加工体験をさせていただいて、とっても楽しかったです。

体験することで、とっても繊細な作業が必要な世界だなとも感じました。

ここには書けませんが、別の作品を見せていただきました。

あんなものが人の手でできるって、凄いなぁって驚きました。

手作業だけならそれこそ玄人職人が丁寧に仕事をしてできる一品のようなものが、いまは機械で手軽に作れるそうです。

機械があれば、製品は作れる。

人間が機械に負けないところとしたら、創造するってことでしょうか。

それを大事に、楽しく突き進んでいる会社だなぁって感じました。

工場で働いている人は、一様に明るく楽しそうでしたし。

もし機会があれば、どこか工場に見学にいくのは楽しいと思いますよ!

オススメです。

以上です。