終末のE浦2【日記】

こんにちは。

デブまっしぐらのデオドルE浦です。

人間、老いてくると代謝も悪くなりますなぁ〜っ!!

加えて、運動もしておりませんなぁ〜っ!!

もう少し、私生活を見直したいと思います。

でも飲みには行くもんね!

■日曜日

朝から雨模様でしたが、午前中にはあがっていました。

週末にかけて従兄弟が東京に遊びに来ており、この日は千葉の鋸山に登る予定だったようですが、雨天のため中止。

予定より早めに会うことにしました。

常々思いますが、従兄弟と仲良しって良いですよねぇ。

当初は飯でも食べようとの提案だったのですが、先日の僕の投稿を見て予定が追加されました。

それが、「エウロパに占ってもらいたい」ということ!

金曜日くらいに「行きたい!」って話になり、エウロパに急遽予定の調整をお願いし、お仕事の合間に来てもらいました。

何故か僕までお土産をいただきました(笑)
白檀の香り大好きなんで、とても嬉しかったです。
ありがとうございます!

まずは本人のことを知ろうということで、生年月日と生まれた時間から見えるホロスコープを見ました。

エウロパが現れるまで「緊張する〜」って言ってた従兄弟。
いざ占うってなったとき、「なにを占ってもらおう」って(笑)
確かに占いって、「なにを」って言われるとどう答えていいかわかんないです。
常に悩み事がないと、具体的に見て欲しいことが言えないんですよね。

占いって、預言とかじゃないから、言い当てるってもんじゃないんですね。

統計学みたいな、いろんな事象と重ね合わせて人の動きを見て行く感じ。

占い師じゃないから、上手く言えませんけど(笑)

言葉を受け取る人がどう考えてどう行動するのか、そういうことを俯瞰で伝えていくというような。

お互いに謎解きをしながら、自分のことを紐解く作業のように思いました。

僕もちょっとだけ、先日わからなかった出生時間を加えて正確な星に変えて占いなおしてもらいました。

今まで人のために動くことが多かったので、これからは自分のために動いて良いとのこと。

んで、人生の一発目のピークは過ぎたそうなので(笑)、これから迎えるピークに向けて積み上げていく時期に入るそうです。

良くなるのが、2032年だったかな(ちゃんと憶えとけって(笑))。

まだまだ楽しいことが待ってるって思えたので、良かったです!

■占いも誰かから聞くお話も同じようなことかも

受けとった言葉をどう咀嚼するかは、その人の問題という意味で。

僕らは最初に両親から、そのあと友達や他の大人たちから色んなことを受け取ります。

それを取捨選択して、いまの自分があると思うんです。

その中には嫌なことも沢山あると思います。

無駄だと思うことも沢山あります。

後悔して、やり直したいことも沢山あります。

そんなだから、いま良いことないなぁなんて思う人もいます。

僕の過去を話すと、けっこう「大変だったね」なんて言われます。

僕もそう感じてました。

でも、そんなことをネタにしたら途端に面白くなるんですよね。

人が面白がってくれるから、僕は楽しくなりました。

楽しくなると、悪いと思ってたことが良いことに変わったんです。

受け取り方で、同じ答えでも正反対の印象になりました。

占いは自分の人生を言い当てるとか、それを目標にするもんじゃないのかな。

閃きのきっかけにすぎないのかな。

だから、どんな人からも話を聞いてみよう。

そのときは退屈だったりするかもしれないけど、後からなにか気付くかも。

エウロパに占ってもらって、そんなことを感じました。