僕の仕事はニオイの仕事【日本デオドール】

こんにちは。

厚い雲が垂れ込めて来ていますねデオドルE浦です。

会社の窓からの眺め。
新宿5丁目あたりを望むことが出来ます。

こんな雲を見ると、僕はどうしてもマチャアキ主演の名ドラマ『西遊記』を思い出します。

ドラマが始まる時に必ず流れる、孫悟空誕生の場面。

ドス黒い雲が花果山(かかざん)に押し寄せ、雷に打たれた仙石から飛び出して生まれてきます。

子供心に、あの場面が怖いような笑えるような妙な気持ちになったのを憶えています。

うん。

それだけです。

■改めまして

日本デオドールで、マーケティンググループというそれっぽい部署に所属する形で入社しました井浦です。

新設の部署であり、僕のような立場で入社した人間もいないので、かなりフワフワした感じで毎日を楽しく過ごしております(笑)

仕事は、消臭器の取り付けやメンテナンスを諸先輩と一緒にさせていただきつつ、SNSも活用しようという感じです。

そもそも、理系でもなくニオイに関わる仕事に触れたこともない完全門外漢の僕が入社できたのは、社長である柿本元大さん(サムネ画像の人)の「SNSをもっと活用しよう」という意向によるもので、それは、よりお客様との関係性をしっかりしていくために必要な発信力をつけたいという考えから。

完全素人の視点から見て『日本デオドール』という会社がなんなのか、オモシロ可笑しく伝わったら何か新しいものが生み出せるんじゃないのか、ってことですね。

なので、僕の使命は、会社や消臭という仕事がどんなものなのかを知ってもらう機会を作ること、と認識しています。

■もちろん必要な資格取得も目指します

この仕事をするうえで、とても大切な資格があります。

それが『臭気判定士』という国家資格。

この資格は、消臭器を取り扱うために必要な資格という訳ではなく(『危険物』の資格などとは認識が違うという意味)、臭気に関わる知識を備えるのが目的です。

極端な言い方をするなら、消臭器を売るだけなら別に必要ない資格と言えますね。

そして、お客様への安心感のためでもあると考えています。

■どんなニオイを消臭するのか

業務のメインは、厨房排気や工場排気の消臭、病院やパチンコ店などの空間消臭です。

およそ、ニオイの出ているもの全般を消臭しています。

が、人体に直接作用させる制汗剤の類は取り扱ってません。

体臭で部屋のニオイが気になるから消臭ビーズを設置する、といった消臭方法ですから、ニオイの元を断つことではないです。

■それを踏まえて

僕のできる仕事はまだまだ少ないです。

知識も経験も不足してますからね。

なので、みなさんが考える・感じるニオイの悩みを、お聞かせ願いたいなぁなんて思います。

何ができるとは言えませんけど。

どちらかというと、どんなニオイの悩みがあるのか知りたい。

思わぬ悩みが発見できるかもしれませんし、何より僕の経験値になるので(笑)

■僕の仕事は、ニオイを消臭する仕事

というか、ニオイをコントロールする仕事かなと思います。

ニオイを完全に無くすことはできませんから、よりよくお付き合いする方法を考えるお仕事という方が伝わるような気がします。

そんな訳で、これからもよろしくお願いします!