特に言えることなどないのです【インターン】

こんにちは。

気持ちよく晴れてますねE浦です。

洗濯したし部屋の掃除もちょいっとしたし、明日のお出掛けのための準備をしよう。

というわけで、アキバに出掛けて来ます。

■昨夜はインターンの河相さんの送別会でした

みんなが綺麗に収まる撮り方できませんでした!
イエスポンコツ。

長いようで短い二ヶ月だったんじゃないかなぁ、なんて思いました。

と言っても、僕のが後から入社してる後輩だからそんな感慨深いことなんて言えるわけもなく(笑)

お仕事で教えることもないし、転職ばっかりしてブレまくりの人生なので、かっこよく「信念を持って人と接しなさい」とかいうようなことも言えるわけもなく。

僕は会社ではほぼ遊んでいるので、見本としては酷いもんじゃないかなぁって。

それなりに年齢を重ねて来てるけど、それっぽい大人じゃなくてスミマセン(反省はしていない)。

■挫折とか劣等感とか夢とか希望とか

学生と社会人って何が違うんだろう?

と、今回現役の大学生と接して、ふと思いました。

なんだか、社会人って学生より偉い人な位置にいますよね。

社会人て、学生より偉いのかな?

大人が大多数だから、そんな感じになってるだけだと思うんです。

「社会」は、大人が大人の都合で作ってるだけのことじゃないかな。

それがいけないとかじゃなくて、学生だからっつって、先輩社会人に平伏したり手放しにありがたがる必要もなければ、自分を卑下したり下に見たりする必要ないんですよね。

大人が作った常識を社会人は守って行動してるから、それが当たり前なんだって思い込んでるだけで、「お前はダメなやつだ」とか「学生気分が抜けてない」なんて言われる筋合いないわけです。

本文と写真は関係ありません。
ただ、シャチョーが河相さんに説教してるように見えるだけです。

社会人だって、言うほど外の世界に触れてないし、下手すると会社と自分の家庭だけだって有りうるわけで。

もしかすると、いろんなことに挑戦してる学生の方がよほど世間を知っているかも。

だから、社会人になるからとか、なってからとか、正直どうでもいいような気がします(お前が言うか)。

夢はいつだって描けるし、挫折は学生の時だっていっぱいして来てるでしょう?

場所や周囲の人が年上が増えたりするだけで、そう言う生きてりゃ起きることに大した違いはないんじゃないでしょうかね。

「社会人でこれやったら終わり」とか言われるけど、正直、人を殺したとか欺いたとかじゃなければいくらでも修正もできるし立ち直れもします。

これも、学生の時であっても同じだし。

とにかく、人との関わりだけは大事にしてたらなんとかなるんじゃないかと本気で思います。

だから、ホイホイっと社会人になって、変わらず友達との時間を楽しんで、いろんな人との出会いを楽しんでみる。

ほら、学生でも社会人でも、やることは一緒じゃない。

告白してフラれることもあります!

■あ、ちなみに僕の歓迎会でもあったわけです

そのお祝いにシャチョーからいただいた、木札。
カッチョエエーーー!!

鳥越にある『札屋ドットコム』の蒲生芳雲(がもうほううん)さんに作っていただいた、僕だけの木札です。

ドラムのスティックなどでも使われる、メイプル材で作っていただきました。

紐の色は、ウグイス色。
日本デオドールのイメージカラーの緑の中で選べってシャチョーから言われたんで、僕の好きなウグイス色にしました。
うむ。
チョイスに間違いはなかった!

最高。

ちかっぱい良い。

これからずっと着け続けよう。

自慢で終わり!