ダメと分かっていても、止まらないこの気持ち【ニオイ】

こんにちは。

現場に行く前のデオドルE浦です。

いそいそとブログを書いてみます。

■ダメよ、ダメダメ

今となっては古いギャグですみません。

いやね、ダメよと言われれば首を突っ込みたくなるが人間ってもんじゃないですか。

映画でも「これは絶対に開けてはならぬ」ってなんか怪しげな爺さんとか言っちゃうと、「おおっとぉ!フラグ立っちゃったヨォ!」なんて思うわけじゃないですか。

もうね、ダメって言われても手を出さないと物語が進まないわけです。

■人にとっては悪臭も、僕にとっては魅力的なニオイなもの

誰にだって、フェチズムってあると思います。

他人には理解されないけど、自分にとっては魅力的な形や音や触感やニオイ。

理解されないから、あまり口には出せませんよねが、今日は僕のニオイのフェチズムについて書いてみようと思います。

そのニオイとは・・・、

ガソリンのニオイです!

ガソリンといえば、『マッドマックス2』。
マッドマックスといえば、最高の悪役『ウェズ』さんです。

画像と本文は、ほぼ関係ありません。

言いたかっただけですから、気にしないでください。

もったいぶって言いましたけど、ガソリンのニオイが好きな方って結構います。

多分、これを読んでくれている方の中にもいらっしゃるんじゃないでしょうか?

ガソリンスタンドに行ったら、ちょっとテンション上がるみたいな(笑)

灯油とかじゃないんです。

同じ石油だけど、ガソリンのニオイが好きなんですよね。

なんでか理由はわかんないですけど、あのニオイは中毒性があるとも言いますし、ある意味本能なのかもしれません。

みなさんにも、他にいろんなフェチズム臭があるんじゃないでしょうか。

もっと人に言えないような(笑)

追伸

マッドマックス2の最高の悪役であるウェズさんは、ヴァーノン・ウェルズ(サムネのおじさん)が演じています。

このヴァーノンさん、『コマンドー』のベネット大尉なんですねぇ。

最近まで知りませんでした。

僕にとっては、随分とお世話になった役者さんなんですね(変な意味じゃないです。今回のテーマはフェチですけど)。

狂気じみた役がお似合いなんでしょうか。

御歳71歳だそうです。

マッドマックス2が82年の作品ですもんね・・・。